BCP対策として最も基本的なやり方というのは

様々な備蓄をしておくこと

BCP対策としてやっておくべきことは備蓄です。企業の資材となるようなものを溜めておくことでリスク回避ができるようになります。要するに企業活動をより早く再開できるようになる、ということになりますから、これはとても重要な行為になるでしょう。但し、やはりコスト的な問題があります。できることはあって、そして、やったほうがよいとわかっていても実際には実行するのが難しいのがBCP対策であり、これがネックといえるでしょう。

計画を立てること自体は簡単

実際問題として、BCP対策を考えることはそんなに難しいことではないです。これをしておけばリスク回避ができる、というのは意外とはっきりとしているからです。しかし、最大のネックが人件費、物資の費用になります。システムを構築するだけ、マニュアル作成だけでも金はかかるのです。そのあたりが企業にとってリスク回避ができるとしても、必須の費用であるとしてもさすが厳しいことになります。それでもやらないければいけないことになっています。

せめてデータだけでも

現代の企業活動というのは、基本的にコンピュータシステムによって成立っています。ですから、せめてデータだけでも確実に守ることができるシステムを作っておくことです。そのシステムが、というわけではなく、データをバックアップしておくわけです。最近ではクラウドというやり方がありますから、これでとにかくデータを守ることにしましょう。システムをもう一つ持っているところがあるくらいですから、この程度はできないことではないです。

BCP対策とは、企業が天災などの緊急事態に遭ったとき、事業が継続できるように被害が最小限となるための対策を計画しておくことです。原則として企業の中核部分を守る方法が目的にかなうと言われます。